新作記事一覧

マ・ヤ行詳細

【M−65】ミリタリーアイテムとして知らないとね!


どちらかと言えば、ミリタリーウェアというと秋冬のイメージが強いかも知れないですね。

一般的に・・・

MA-1
N-3B
N-2B
B-3
M-65

などがメジャーだと思うけど・・・

M-65 1

まずは、春先にも必ず毎年出てくる定番中の定番

M-65

M-65は、アメリカ軍(米軍)の野戦用ジャケットの中で最も人気のあるモデルのひとつ。1965年に採用されたから、M-65という名前なのです。

知ってましたか〜??

また、フィールドジャケットとも呼ばれることがあります。

詳しく説明しておくと・・・

1965年に正式採用されたことから、一般的にM-65フィールドジャケットと呼ばれている。
初期のものはラベルに「COAT, MAN’S, FIELD, M-65」の表記があったが、後に「M-65」の表記が無くなり、代わりに「COLD WEATHER」の文字が追加された。 他には「~WITH HOOD NYLON COTTON SATEEN OG 107」と併記されているものもある。

最終的には「COAT, MAN’S COLD WEATHER,FIELD~」砂漠地帯で用いられた6C及び3Cのデザート迷彩では、6Cのものには「COAT,CAMOUFLAGE PATTERN:DESERT」、3Cのものには「COAT,COLD WEATHER,FIELD,DESERT CAMOUFLAGE PATTERN」と記載されている。

寒冷地用外套ということからも分かる通り、元々はアメリカ軍の装備品では防寒用衣料である。

裾の長さは、各々のサイズ毎にX-Short、Short、Regular、Longの4種類がある(ただしL,X-LサイズにはX-Shortの設定は無い)。

本モデルは第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて使用されたM-41やM-43、M-50、M-51フィールドジャケットの後継として開発され、1990年代の終わりにデザートパターンの軍への納入が完了するまで実に40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた。

M-43の洗練されたジャケットスタイルと、M-51のライナー統合システムを継承したM-65のデザインは他のモデルにも強い影響を与え、アメリカ軍のみならず、NATOなど周辺国の戦闘服でも類似するデザインを採用している例が多くある。

日本においても近年自衛隊の採用された防寒戦闘服外衣の上衣は外観、素材、襟に収納するフードなどM-65に強く影響されていることがうかがえる。

M-65 2

主な特徴をカンタンに言うと・・・

前面にポケットが4つあってスタンドカラー(中にフードが入っている)、そして肩章(エポレット)が付いていること(初期のモデルには肩章がなかったらしい)。

正直年齢を関係なく着れるアイテム。毎年、必ずって言っていいほどメンズのファッション雑誌で特集が組まれる
アイテムである。

まぁ~1着はもってると何かと使えると思うけどね^^v


ファッションランキングへ

****************************************
メルマガ「hideスタイル」購読の登録・解除はコチラから↓

ca3form.jp/Hzo/fr/hide/ARN3HJ

****************************************

hide STYLE

TEL 080-9803-4738
MAIL hidestyle.oki@gmail.com
定休日 不定休
11:00~19:00

Facebookはこちら
http://on.fb.me/1LarNVK
  • Mail Magazine/メールマガジン
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
  • B-plus 経営者インタビュー

トップへ戻る