新作記事一覧

ア・カ行詳細

インターカラーって知ってますか?


前回はPANTONEをご紹介させていただきました。

今回は

インターカラー

インターカラー

「INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR」の通称で、

日本語で言うと

「国際流行色委員会」

1963年にフランス、スイス、日本の三国を中心に発足し、
2011年4月現在、中国、イギリス、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、
イタリア、日本、韓国、ポルトガル、スイス、タイ、トルコの13国が加盟しています。

本部はパリにあり、開催場所も主にパリ。
加盟国からは、それぞれの国を代表する公益的な色彩団体が1団体ずつ参加するシステムとなっており、

日本からは
JAFCA(日本流行色協会)
が参加しています。

インターカラー委員会では、各国が提案色を持ち寄り、 生活意識の流れや、
今後求められるテイストをふまえて協議がおこなわれ、
トレンドカラーが選定されます。

インターカラー2

選定の時期は、実シーズン(小売店舗に商品が並び、消費者が手にとることができる段階)の2年前に
発表されます。

インターカラー会議は、年に2回会議が開催され、24ヶ月後(実シーズンの24ヶ月前)の流行色を選定します。

その半年後(実シーズンの18ヶ月前)、カラー情報機関、素材協会などが独自に、カラー、素材、シルエットなどのトレンド情報を発信します。日本では、JAFCAが、日本の市場に合わせたトレンドカラーを発表します。

さらにその半年後(実シーズンの12ヶ月前)になると、トレンドカラー情報が素材に色出しされ、素材展が開催されます。

日本で開催される素材展には、東京プレテックス、京都スコープなどがあります。
ファッション情報専門誌、業界紙なども、独自にトレンド情報を発表します。

さらに半年後(実シーズンの6ヶ月前)、色出しされた素材が、アパレル製品となり、アパレル展示会やデザイナーのコレクションが発表されます。

ファッション雑誌にも記事が掲載されるようになります。
PANTONEのファッションカラーレポートも、この時期に発表されるトレンド情報のひとつです。

アパレル産業では、流行色情報→素材→アパレルというように、2年の年月をかけて、
ものづくりが行われていますが、

その一方で、SPA(製造小売業)の台頭などによって、
ものづくりに要する期間が短くなる傾向にあります。

また、ライフスタイルが重視されるようになり、流行色情報が対象とする領域は、インテリア、プロダクト、メイクアップなどにも広がっていますね。

インターカラー1gif

****************************************

▼メルマガ「hide STYLE」購読の登録はこちらから

chsfrm.jp/wjI/fr/hide/ERHcoL

メルマガにて14年12月より

「hideSTYLE ワンポイント講座」

配信中です!
ぜひご登録くださいね!

****************************************

▼ facebookページ「スタイリスト hide」

www.facebook.com/stylist.hide

▼ hide 公式 フェイスブック 

www.facebook.com/hideki.oki924?ref=tn_tnmn

▼ hide 公式 twitter

twitter.com/stylisthide

****************************************

▼ メルマガ解除はこちらから

chsfrm.jp/wjI/fr/hide/gCxXSU

***************************************

追伸:

カテゴリーに【ちょっと独り言】ってあります。。。。

そこではファッションには全く関係のない
hideの考えていること、アップしていきます。
日常の自分を魅せていければと思っています。殴り書き投稿もあると思いますが・・・
よろしくお願いします。

hide STYLE

TEL 080-9803-4738
MAIL hidestyle.oki@gmail.com
定休日 不定休
11:00~19:00

Facebookはこちら
http://on.fb.me/1LarNVK
  • Mail Magazine/メールマガジン
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
  • B-plus 経営者インタビュー

トップへ戻る